技あり!フロアコーティング業者比較サイト

トップ > フロアのコーティングについて > フロアのコーティングも種類次第で品質価格も変化かも

フロアのコーティングも種類次第で品質価格も変化かも

フロアコーティングは文字通りフロアつまり床にコーティングを施すことを指します。
フロアである床は毎日歩いたり椅子を移動させたりなどするために、次第に汚れてきたり時には微細な傷がついたりなどして劣化していきます。
そうなると見た目が段々と悪くなってしまいます。
この見た目の悪さをなんとか打開するための一環として、時折にそのフロアに工事をする必要があります。
昔はそれの工事としてワックスを自分で塗ったりなどしていたわけですが、ワックス以外の方法として、このコーティングをしようというわけです。
これは例えるならば外壁塗装に似たような感じになります。
この工事は費用は高いものの、一度工事をすると何年か持ちこたえられるようになるために、年に何度もワックスを自分で塗るなんて手間を省けるようになります。


このフロアのコーティングの工事をする場合には、それを使用する材質が複数の種類があることを理解しておかねばなりません。
この複数種類の材質は水性アクリル、水性ウレタン、ウレタン、シリコン、ガラス、UVなどが挙げられます。
これらの材質で工事をする場合は選択した工事をする広さと時間と選択した材質で決まります。
選択される材質は外壁工事で使用するのと似ていまして、基本的には安価であるほど耐久性が弱くて寿命が短くなる傾向となります。
逆に材質が高価ならばそれだけの寿命が長くなる傾向となります。
なので工事を行う場合は安易に値段ばかり考えてケチらないで、ずっとその先を考えることが何よりも重視されます。
その工事をする材質は水性アクリルが最も安く、その次に水性ウレタン、ウレタン、シリコン、ガラスなどと段々高くなります。


この選択した材質による工事費は工事をする広さや場所や業者などによって少々異なりますが、アフターケアがまともにできる会社だと一度工事したら20から30年程度保証するとされています。
けどそのフロアに使用するコーティングは値段が高ければそれでよいという単純なものではありません。
というのはそこで生活する人に求められる環境が違うからです。
コーティング剤でも滑りにくいのを求めたい場合はシリコンなどといった具合に、工事前に業者と生活環境などの要望などに関して詳細な打ち合わせが要求されます。
それによって最適な材質が提案されるなどするからです。
なおコーティング剤の中にはUV対応のものもありますが、それは塗れば完全に日焼けしないというわけではなくて日焼け劣化しにくいであることも理解しなければなりません。
日焼けをより軽減させようとすれば窓ガラスにもUV対応を施したり、カーテンそのものを開けないなど総合的な対策が求められるので注意となります。

ページトップへ