技あり!フロアコーティング業者比較サイト

トップ > フロアのコーティングについて > フロアのコーティングをすると20年間の保証制度が充実しています

フロアのコーティングをすると20年間の保証制度が充実しています

家の老朽化が進まないように様々な工夫をする必要があります。
フロアは傷んでしまうと修理をしなければならないので、費用と時間がかかります。
常に清潔感のある空間にする場合はフロアをコーティングする必要性があります。
しかし、最初はどのような方法で依頼をしたら良いのか分からないので、サンプル品を参考にしながら作業の依頼をしましょう。
アフターサービスとして35年間の保証も充実しているということもあるので、途中で劣化が進んでしまったときは、業者に連絡をして早急に連絡が取れるようにしてください。
コーティングをすることで耐久性も増しますし、すり傷も付かなくなって、スリッパで移動してもいつまでも綺麗な床を保つことができます。
テストに何度も合格しているので、剥がれにくいです。


35年間の保証制度が充実しているコースは、手作業では落とし切れない表面の汚れを完全に除去します。
研磨するときは、ミクロン単位まで細かい作業を心がけているので、上質な仕上がります。
光沢感も出るので、新居のような空間になります。
25年間の保証制度であれば、機械を使用しながら下処理を行います。
仕上がりは他のサービスより落ち着いていて密着性があるので、コーティング剤が剥がれ落ちたりすることはありません。
また、長期間に渡って床面を保護しますし、リーズナブルな価格で作業を依頼することができるのでスタッフと相談しやすいです。
リーズナブルなものは、液剤でアルコールで薄めながら作業をするので、肌にも優しいですし、異臭が発生することもありません。
耐久性も非常に優れていて表面上が頑丈になります。


床が汚いと室内全体が不衛生になってしまいますが、コーティングをしてもらうことで、毎日のお手入れが簡単になります。
中古物件であれば、新築時のままに維持することができます。
今までは掃除機しかかけられませんでしたが、コーティングをすることでスチームモップを取り入れながら掃除ができるので便利です。
スタッフに相談をすると申込みから作業までが短時間で終了します。
スタッフの技術面にも自信があるので、全体だけではなく、部分的な補修も可能です。
ガラスコーティングであれば全て張り替えなければなりませんが、床は擦り傷が付いたところだけ作業することができます。
不安であれば、無料で点検確認ができるサービスも導入しているので、保証期間終了まで納得のいくサービスが受けられます。
普段のワックスがけも不要ということで手間を省くことができます。

ページトップへ